×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
満蒙開拓青少年義勇軍内原訓練所の史跡(まんもうかいたくせいしょうねんうちはらくんれんじょのしせき)   2012/07/27 
水戸市内原郷土史義勇軍資料館  茨城県水戸市内原町1497-16





心得が掲示されていた。・・・開拓地での大変さが想像できる。
古の武士に負けるな。生命を尊び死を恐れるな。仲良くせよ。常に工夫せよ。他民族を敬せよ。家へ便りを欠かすな。他人に親切にせよ。楽は人に譲り、苦は己に引き受けよ。規律を重んじ、命令に服せ。歩哨は、任務を厳重に守れ。武器は大切にし、手入れを怠るな。農具も武器と心得よ。部屋はよく整頓せよ。灯火は、外に漏らすな。火の用心をせよ。水を粗末にするな。独り外出するな。堂々と歩け。口を堅く結べ。雑談を止めよ。愚痴を言うな。元気一杯で働け。丈夫の時は、身体を鍛錬せよ。病気の時は、医者の言うことを守れ。生水を飲むな。毎週夜具類を干せ。







日輪舎が復元されている。草原のパオを模したデザイン。内原に、このようなものが300舎あった。
ひとつの舎には、数十名が生活する。舎は、建てやすい。訓練生がつくった。





内原駅・・・・内原駅からは多くの訓練生が満州に向けて出発した。
地蔵院、本法寺別院は、亡くなった方の供養がおこなわれており、慰霊碑もある。
地蔵院

本法寺別院

内原訓練所の碑と日輪舎記念館

大きな記念碑には「満蒙開拓青少年義勇軍内原訓練所之跡」と刻されている。



開拓団の碑

渡満道路の桜並木・・・訓練所と内原駅 約1.5kmの道路は義勇軍が改修した。桜も植えられた。

加藤完治先生の銅像・・・義勇軍訓練所所長 義勇軍資料館近くにある日本農業実践学園の中にある。
義勇軍訓練所河和田分所・・・義勇軍訓練生の増加によりつくられた。
満州開拓とは。
昭和初期の世界的恐慌。日本の農村も疲弊していた。国の政策として、満州開拓移民が推進された。
当時の日本の農家数は、560万戸。そのうち、100万戸を移住させ、5人家族として500万人の移民が進められた。
農業移民は、家族で移民する「満蒙開拓団」と、青少年による「青少年義勇団」があった。内原には、日本で唯一の青少年義勇軍の訓練所があった。
訓練は、3か月間行われた。内原での訓練後、満州に渡りさらに、3年間の農業実習を受けた。3年間の農業実習を終えると、10町歩の土地を国から与えられた。
昭和13年から20年まで、内原の訓練所から8万人を超える訓練生が、満州に渡った。戦争の拡大につれ、多くの犠牲者がでた。また、シベリアに抑留されたひとも多い。
訓練生だけで、2万人以上の人が日本に帰れなかったという。