地蔵院(じぞういん)  2012/07/27  茨城県水戸市内原906
真言宗 智山派 東光山 地蔵院 1428年 宥賢(ゆうけん)によって開山。本尊 地蔵菩薩。大正1919年に落雷で焼けるまでは、本堂、薬師堂、庫裏、山門、如意輪観音堂、馬頭観音堂があった。



馬頭観音







観音堂



淡嶋堂(あわしまどう)  淡嶋明神  和歌山県和歌山市加太の淡嶋神社を総本社とする。祭神 少彦名命(すくなひこのみこと)。
婦人病治癒を始めとして安産・子授け、江戸時代、女芸一般の守り神となった。和禮(われ)たのむ人のなやみを救わじは 世に淡嶋の神といわれん



長田観音御詠歌  幾く代も 永く経ぬらん長田山 駒の手綱に 結ぶちかひを
地蔵院御詠歌  いつの世も 苦を身代りて 救はんと 抱きしめ給ふ 大悲の袖に
満蒙開拓殉職者之碑
♪♪ 我等は若き義勇軍  祖国の為ぞ 鍬(すき)とりて  万里涯なき 野に立たむ  いま開拓の 意気高し♪♪ 
平和と勤労を愛し、不毛の地、旧満州大陸の荒野を拓き。五族協和の理想のもと、王道楽土建設を夢見た。
大陸に渡り、理想の夢が花咲くかに見えた矢先、8月9日の大悲劇に巻き込まれた満州開拓民、(内原訓練所出身の)約8万人。
地蔵院には、1945年より、引揚者が終わる1950年の間、引揚者の何人かの胸に抱かれもどってきたが、出身地不明のため、帰山出来ぬ35柱を集骨安置した。
その後 内原拓友会によるな「ふるさと探し」により21柱が帰山した。現在、地蔵院には、その分骨と、帰山出来ぬ実骨が合祀されている。
1983年11月  義勇軍内原拓友会建立。

忠魂碑  日清戦争、日露戦争、満州事変、日中戦争、太平洋戦争で祖国の為に命をささげた戦没者の英霊が祀っている。