菊池寛実記念高萩炭礦資料館(きくちひろみきねん たかはぎたんこうしりょうかん)  2012/06/09他  茨城県高萩市高萩624





■第一展示室







石炭。高萩炭鉱のもの。約7,000〜3,000万年前の石炭。高萩の石炭は、火力が弱かった。



■第二展示室  ジオラマ 1965年当時の炭鉱町を600分の1スケールで再現。



■庭園 彫刻が数点展示されている。

高萩炭礦創業者故菊池寛実氏のレリーフ

石炭の運搬に使用されたトロッコ

珪化木(けいかぼく)。木石ともいう。3000万年前の木。石炭になりそこなった木。

高萩には、江戸時代末から、昭和40年代まで、炭鉱があった。高萩市内には、高萩炭鉱、向洋炭鉱、望海炭鉱があった。
1851年 常陸松岡藩は、石炭の採掘をはじめた。神永喜八が、上小津田地内塩平と小豆畑地内芳の目に2坑を開き、江戸に運んだ。
1856年 松岡藩から石炭を、馬で川尻湊へ、船で那珂湊へ運んだ。水戸藩の那珂湊の反射炉に使用された。  明治時代は、「狸掘り」と呼ばれる個人炭鉱が多かった。
1891年、手綱炭鉱創立。 1892年、千代田炭鉱創立。 1895年、高萩炭鉱を創立。 1896年、秋山炭鉱創立。1897年、高萩駅開設。鉄道 水戸〜平 開通。
1894年、手綱炭鉱と千代田炭鉱が合併、手綱炭鉱株式会社創立。1904年、手綱炭鉱合資会社設立。1905年、高萩炭鉱株式会社設立。
1910年、手綱炭鉱は、清田炭鉱株式会社と改称。 1916年、清田炭鉱は、干代田炭鉱株式会社に合併。1921年、千代田炭鉱株式会社は、茨城採炭株式会社に合併。
1937年、櫛形炭鉱株式会社設立。1940年 菊地寛実、高萩炭鉱株式会社設立。1946年、高萩駅より引込線を開通、石炭輸送はじまる。 1948年、望海鉱、高萩炭鉱より分離独立、望海炭鉱株式会社となる。
1954年、高萩市制誕生。トラック輸送の発達で、軽便鉄道、トロッコ馬車鉄道は廃止。 昭和40年代からは、石炭は、石油・ガスに移行し衰退した。
1967年、高萩炭鉱株式会社閉山。 1968年、向洋炭鉱株式会社閉山。 1969年、高萩炭鉱株式会社炭鉱閉山後、大心苑を経営。 1972年、望海炭鉱株式会社閉山。